スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
「おう、元気か?」
今日突然、中学校のときの先生から電話がありました。
「結婚式きてね~」の連絡をして以来、(結婚式当日は多分あんまり喋ってないです)年賀状と暑中見舞いのやり取りだけでした。

私からのはがきを受け取るたびに、「あ~連絡しなきゃな~」
と、気にしてくださってたそうです。
私としては、先生からお返事来なくても、
私のことは覚えてて欲しかったので、ずっとはがき書いてました。

「お前は、いくつや?」
「もうすぐ27になりますよ~」

「そっか、初めに会ったときはお前は13だったのになぁ。」
「っていうか、先生いくつ?」

「俺はこの前41になった。」

なんか、ものすごくショックだった・・・と思う。
先生だって初めは27とか言ってたのに、もう41ですか・・・。
しかも当時幼稚園に行くとか行かないとか言ってた息子さんは
高1だそうです。

「お互い年取っちゃったねぇ、先生。」
「でも、声は中学から変わってないぞ」

喜ぶべきか、どうか^^;

でもなんか、嬉しかったです。
覚えてて欲しいと思って一方的に連絡をとり続けてた私のことを
ちゃんと覚えててくれて、連絡までしてくれて。

でも寂しく感じたのも確かです。
昔先生はすごく厳しくて、今私、こんなに頑張ってるんだよ!!!っすごい勢いで話しても、
「人に自慢するような位じゃ、まだ足りん。お前はバカか。」
とかなんかいろいろ、とにかく怒られてました。
でも、今度ベビーサインの先生になる勉強を始めるんだってことを
話したら、
「そっか、何か目標持つのはいいことだな。まあ、がんばれや。」
って言われました。

ほんとに年取っちゃったんだぁな・・・。
なんて、これこそほんとに怒られそうだけど。


スポンサーサイト
【2005/09/08 00:02 】 | ゆうきのこと | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<お月見会 | ホーム | 24 Twenty Four -シーズンⅣ->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。